よくあるご質問Q & A

物件を実際に見たいです。どうすれば良いですか?
メールや電話で事前にご連絡下さい。
最新の空室状況の確認、鍵の手配などがありますので、営業担当とご希望の日時を打ち合わ頂き、スムーズにご案内させて頂きます。 また、空室状況は随時変動しておりますので成約済みの際は条件をうかがい、別の物件をご紹介させて頂く場合がございます。
部屋探し、下見の時のポイントはありますか?
さまざまございますが、重要ポイントをあげるとすると・・・

Check1 騒音・日照のチェック

物件を下見するとき、騒音のチェックは念を入れて行いましょう。
また、戸や窓の開閉、歩き回るなど、実際の生活で起こることをできる限りやってみるのもいいでしょう。

Check2 部屋の広さは自分の目で確かめる

賃貸広告では、部屋の広さを、平米数では表示せず、帖数(畳の枚数)で表示している広告が多く見られます。 1帖の広さは不動産広告の基準によって「1.62平米~1.65平米」と決められています。物件の下見の際には、この基準をもとに、部屋の広さを自分の目でチェックしてください。

Check3 周辺環境・距離は歩いてチェック

物件を下見する際、物件の周辺をできるだけ歩いて、自分の目で環境をチェックしてください。
どんな商店や医院があるかなどもしっかり見ておくと良いでしょう。あとは、不動産業者の対応、サポート体制、予算とお好みに合わせてお選び下さい。
契約時には何が必要なの?

賃借人

個人・・・敷金及び賃料等の全額、認印、運転免許証のコピー又は住民票
法人・・・敷金及び賃料等の全額、代表者印、会社登記簿謄本、入居者本人運転免許証コピー

連帯保証人

(電話での確認をさせていただく場合もあります) 実印・※印鑑証明証
※保証人の住所を確認すると同時に、賃貸借契約書に押印される印鑑が実印であることを証明するためのものです。早めに保証人にお願いしましょう。
よくあるご質問
保険会社情報
周辺案内
0円のヒミツ